笑顔の女性

ダイエットをクリニックで!|~脂肪除去でスリムボディ化計画!

部分ごとに異なる相場

レディー

体に負担が少なくて、痩せ身体質に変化させ易い脂肪溶解注射を受けてみたいという人は中にはいます。専用の薬液を注入させるだけの日帰り治療となっているので気軽に受けやすいものです。また、脂肪溶解液を注入した後には、即効で美容やダイエットの効果が現れる場合があるので、魅力的に感じる人も数多くいます。しかし、簡単な脂肪溶解注射の施術ですが、相場はどうなっているのか分かりにくいものです。おなか周りを受ける場合は費用的にいくらかかるのかわかりにくいものです。もしくは、部分的に脂肪溶解液を注射したい場合はどの部分までが可能なのかもわかりにくいという人もいます。美容外科クリニックのサイトには、脂肪溶解液注射を受ける上での相場が掲載されています。そのようなサイトを参考にしてから施術を受けに行くのも悪くないです。部分別に、いくらの費用がかかるのかクリニックの公式サイトから確認して、予算にマッチングした注射施術を受けたほうが良いでしょう。まず、腹部あたりの施術では、約90,000円以下の料金で受けられます。腹部に利用される脂肪溶解液の量は大体35CC以下を使用します。腹部でも上部と下部の好きな部分を選択することが出来ます。どちらを受けても、施術費用は変化しないのが特徴です。また、お尻辺りの脂肪溶解でも、腹部と同様の費用が生じます。

その他の部位では、施術料金が高額になってきます。特に両腕と両脚部分の費用となると約100,000円以上の費用が生じてしまいます。まずは、両腕の場合は、使用される脂肪溶解液が約35CC以上の量を使用されるため、大体110,000円以上の費用が生じてしまいます。おなかと比べて、かなり細い部分となるので脂肪溶解液の量を調節するのが難しくなる可能性があるため高額な費用がかかってきます。それらは両脚でも同様なことがいます。両脚で特に太ももあたりの施術となると、約55CC以上と大量の脂肪溶解液を使用します。両脚の太ももとなると、大体170,000円以上の施術費用が生じてしまいます。他の施術部分と比較してみると最も高額な費用がかかってしまいます。より、ダイエット効果を期待したい場合は、使用される脂肪溶解液の量を増やすことも可能です。そうなると、通常価格より若干高い費用が生じてしまいます。その分、大目の薬剤を利用しているので、ダイエット効果が現れるのが早くなります。ダイエット施術として受けていきたい場合は、自分のおサイフと相談しながら決めていくのが最適です。